おもちゃで観る子どもの発達(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「子どもの発達を理解する」というと、専門的で難しい印象を受けるかも知れませんが、
学術的な書物を頼るだけでは、かえって目の前のお子さま一人ひとりの発達を
「観る」ことはできません。では、どのように発達を「観る」のでしょうか。

手がかりのひとつは「子どもが身の回りのものと、どんな出会い方をするか」を
観察することです。たとえば、積み木の場合。
①積み木をつかむ
②下にある積み木のところまで動かす
③下にある積み木という「的」の上に正確に載せる
④落ちないように上手に手を放す
この動作がすべてできれば、積み木を「積む」ことができます。
それぞれの動作は一度にできるようになるのではなく、「つかむ」ひとつとっても、
手のひら全体で「わしづかみ」するところから、親指を他の指と独立させ、
挟む形で「つかむ」ことができるようにならないと、
なかなか上手に「積む」ことはできません。

おそらくロボット工学では動作を細かく分析し、複雑な工程を組み上げることで
ロボットの腕が出来上がるのだと思います。そう考えると人間ってすごいですね。
(続きます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

  1. 【5月の暮らし 1】春風邪にご注意

  2. お掃除を助ける魔法の?ほうき

  3. ステラプリスクール南青山

  4. クラッシーのサービスがフル装備!「シエリア湘南辻堂」

  5. おうち de 保育 ステラ桜新町園 【東京都世田谷区】 “お手伝いプログラム” の効能

Contact

お問い合わせ

資料のご請求やサービスについてのご質問など、お気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る