1月の日本の暮らしの知恵

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月は旧暦で「睦月」。
親族が互いに往来し仲睦まじく宴をする月であることから・・・という説、
稲の実をはじめて水に浸す月「実月(むつき)」から転じたという説など、
言葉の由来にはさまざまな説があるようです。

お正月は家に年神様をお迎えするしきたりがあります。
その年の作物が豊かに実るよう、家族に幸せをもたらすよう、
年神様が高い山から降臨してくると考えられていました。
お正月の間、年神様は家庭に滞在されるので、
家を神社と同じ神聖な場所にしなければなりません。
年末のすす払いや大掃除、しめ縄飾りや鏡餅のお供えはすべて
そのための準備なのです。

また、元日に掃除をすると「福をはきだしてしまう」とも言われますが
この説には元日くらいは主婦をゆっくり休ませてあげよう・・・という
心配りもあるのかも知れません。

古くから伝えられてきた行事、ならわしやしきたりには、
先人たちの知恵が詰まっています。
私たちは、それらを自然と身につけて暮らしを紡いできました。
このような日本の心を、次の世代に綿々と繁げていきたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

  1. 【5月の暮らし 1】春風邪にご注意

  2. お掃除を助ける魔法の?ほうき

  3. クラッシーのサービスがフル装備!「シエリア湘南辻堂」

  4. ステラプリスクール南青山

  5. おうち de 保育 ステラ桜新町園 【東京都世田谷区】 “お手伝いプログラム” の効能

Contact

お問い合わせ

資料のご請求やサービスについてのご質問など、お気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る