機が熟す(その5)

このエントリーをはてなブックマークに追加

バイリンガル。
その看板を掲げてしまうと、
「早期教育」「お受験対策」のような色合いが濃くなってしまうのでは・・・。
もちろん、実際に行っているレッスン内容に自信はありましたが、
私たちが行っているのはあくまで「保育」であるという
強いこだわりが明言をためらわせていたのです。

やがて時代の変化に伴い、バイリンガルの「語学学習」面だけではなく
「コミュニケーション能力」面も評価されるようになり
「私たちもそろそろ “バイリンガル” とうたっていいのでは?」
そんな風に考え方が変わってきました。
これもタイミングよく「機が熟した」ことのひとつと言えるでしょう。

これまでの実績から、当時のステラでも余裕で
“バイリンガル” を掲げることはできました。
けれども、そこで簡単にことを運ばないのが私たち。
掲げる以上は・・・とあらためて英語プログラムを、そして
保育全体を見直したことが、「本気教育」につながっていくのです。
(続きます)

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

  1. 【5月の暮らし 1】春風邪にご注意

  2. お掃除を助ける魔法の?ほうき

  3. クラッシーのサービスがフル装備!「シエリア湘南辻堂」

  4. おうち de 保育 ステラ桜新町園 【東京都世田谷区】 “お手伝いプログラム” の効能

  5. (仮)エエ暮らし研究会

Contact

お問い合わせ

資料のご請求やサービスについてのご質問など、お気軽にお問合せください。

ページ上部へ戻る